« サツマイモ | トップページ | 紅葉前線 »

オンライン診療

 菅首相が掲げる規制改革。中でも看板政策の一つ「オンライン診療」全面解
禁の恒久化に日本医師会が抵抗姿勢を示しています。

 

 

 日本医師会の反対理由の一つは、医療サービスの対価として受け取る「診療
報酬」が対面より少ない点です。また、不妊治療の保険適用に対しても産婦人
科医らを中心に収入が減少することから抵抗感が強いそうです。

 

 

 他にも、菅首相が掲げる規制改革は「押印撤廃」があり、はんこ業界にとっ
ては死活問題になりかねないだけに、業界団体との調整も課題となります。

 

 

 不動産取引での「対面原則の撤廃」という規制改革もありますが、菅首相は
来年9月に自民党総裁の任期を迎えます。衆院選も来年10月末までに実施さ
れます。

 

 

 こうした課題に立ち向かう菅首相の姿勢に国民の注目が集まり、長期政権を
築けるか否かの重要な要素となりそうです。

 

 

|

« サツマイモ | トップページ | 紅葉前線 »

つぶやき」カテゴリの記事