« コスモス | トップページ | 読書週間 »

テディベア

 今から118年前の話ですが、秋のある日、アメリカの第26代大統領セオド
ア・ルーズベルトが趣味の熊狩りに出かけたそうです。

 

 その日はあいにく獲物を仕留められずにいましたが、同行していたハンター
が傷を負った小熊を見つけ、大統領に仕留めるよう促しました。しかし、大統
領は「瀕死の小熊を撃つのはスポーツマン精神に反する」として撃たなかった
そうです。

 

 この話が新聞記者によって広まり、おもちゃメーカーが熊のぬいぐるみに大
統領の通称の「テディ」をつけて販売したのがテディベアの始まりです。

 

 そのような経緯から、セオドア・ルーズベルトの誕生日の今日10月27日
は「テディベアの日」となっています。

 

 セオドア・ルーズベルトは日露戦争当時の大統領ですが、第二次世界大戦時
の第32代大統領フランクリン・ルーズベルトはセオドア・ルーズベルトの従
兄弟にあたります。

 

 フランクリン・ルーズベルトが大統領に就任する4年前の10月24日木曜
日のNY株式市場は後に「暗黒の木曜日」と呼ばれる大暴落に見舞われ、「世
界恐慌」へと拡大していきます。

 

 これ以降、日独伊にファシズムが台頭してくるのですが、アメリカでは不況
打開の期待を背にフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任しました。

 

 彼のとった政策は、世界史の授業でも習うテネシー川流域開発公社に代表さ
れる『ニューディール政策』(新規まき直し政策)で、それまでの自由主義経
済を破棄し、国家が目標を設定し公共事業を中心に計画的な雇用増と所得増を
目指す経済政策でした。

 

 この政策は、戦後日本の経済政策にも大きな影響を与えています。

 

 

|

« コスモス | トップページ | 読書週間 »

つぶやき」カテゴリの記事