« 初ガツオと戻りガツオ | トップページ | サツマイモ »

えびす講

 十月は全国の八百万(やおよろず)の神々が、来年の天候、農作物や酒の出
来不出来、人の縁結びなど諸々の相談のため出雲へ出払ってしまいます。

 

 そのため十月は「神無月」と呼ばれますが、神々が集う出雲には「神在月」
(かみありつき)との呼び名があります。

 

 神々が出払ってしまえば地域を鎮護する神様もいなくなってしまいますが、
そこはちゃんと留守を預かる留守神様がいます。

 

 その代表が、七福神の一柱で、烏帽子をかぶり、肩に釣竿、大きな鯛を抱え
たご機嫌なおじさんの恵比須さま(えべっさん)です。恵比須さまは、海と漁
業の神であり、農村にあっては田の神となり、商売繁盛の神でもあります。

 

 そして、恵比須さまを祭り、商売繁盛を祈念するのが「えびす講」で、関西
では正月十日の「十日えびす」が知られていますが、地域によって時期は様々
で、十月二十日に行うところもあります。

 

 なお、昔は中央の権力が及ばない異邦者のことを「えみし」とか「えびす」
と呼んでいたことから、恵比寿さまは海を渡ってきた外来の神であるとする説
もあります。

 

 また、恵比須さまにはいくつかの系統があり、少彦名神(すくなひこなのか
み)や事代主神(ことしろぬしのかみ)、もしくは蛭子神(ひるこのかみ)を
祭神として祀ります。

 

 その蛭子系恵比須の総本社が兵庫県の西宮神社で、毎年正月の十日えびすの
際は参拝の一番乗りを競う神事「福男選び」が大変有名です。

|

« 初ガツオと戻りガツオ | トップページ | サツマイモ »

つぶやき」カテゴリの記事