« IMFと世銀 | トップページ | コスモス »

国語に関する世論調査

 場面や立場によって言い回しが違ったりするため言葉選びは本当に難しく、
同じ言葉でも時代によって違う意味で使われたりするため尚更です。

 

 文化庁が先日発表した最新の「国語に関する世論調査」によりますと、言葉
の意味を尋ねた項目で、下記のように本来の意味ではない方を選ぶケースが多
く見られます。(いずれもaが本来の意味)

 

 

 「敷居が高い」 

 

    a)相手に不義理などをしてしまい、行きにくい   29.0%
    b)高級すぎたり、上品すぎたりして、入りにくい  56.4%

 

 

 「浮足立つ」

 

    a)恐れや不安を感じ、落ち着かずそわそわしている 26.1%
    b)喜びや期待を感じ、落ち着かずそわそわしている 60.1%

 

 

 

 言葉は時代によって変化するものです。調査をまとめた文化庁でも「本来の
意味とされてきたものとは異なる方が多く選択されている」と指摘してはいま
すが、「間違った使われ方」というスタンスではありません。

|

« IMFと世銀 | トップページ | コスモス »

つぶやき」カテゴリの記事