« 創作四字熟語 | トップページ | サクソバンクの大胆予測 »

冬 至

 きょうは年間を通して夜が一番長く昼が最も短い「冬至」です。

 

 ずっと昔はこの日が一年の始まりと考えられており、世界各地に残る冬至祭
は、太陽の力が最も弱まった日が無事に過ぎ去り、太陽と生命力の復活を祝う
日でした。

 

 冬至を指す「一陽来復」は「冬が去り、春が来ること」を意味することから
「悪い事が続いたあと、ようやく物事が良い方に向かうこと」と捉えられ、従
って冬至は運気が上向く吉日でもあります。

 

 また、冬至には「ん」がつく物を食べて、一陽来復の運気上昇にあやかり、
無病息災を願う風習が日本各地に残ります。「ん」がつく食べ物とは、大根や
蜜柑(みかん)もそうですが、よく言われるのは下記の7つで、いわゆる「冬
至の七種(ななくさ)」です。

 

     南瓜(なんきん)かぼちゃ
     人参(にんじん)
     蓮根(れんこん)
     金柑(きんかん)
     銀杏(ぎんなん)
     寒天(かんてん)
     饂飩(うんどん)うどん

 

 

 「ん」は「いろはにほへと・・・ん」でまた最初に戻る一陽来復をあらわし、
「ん」(運)が付く縁起物でもあります。また、冬至を湯治、柚子を融通にか
けて柚子湯に入るのも無病息災の願掛けの意味がありました。

 

 ちなみに、クリスマスはキリストの誕生日と一般に思われていますが、新約
聖書にキリストの誕生日を特定する記述は無く、異教徒を取り込む過程におい
てその習俗(冬至祭)も一緒に取り入れてキリスト教の祭日としたのがクリス
マスの始まりだそうです。

|

« 創作四字熟語 | トップページ | サクソバンクの大胆予測 »

つぶやき」カテゴリの記事