« 春が来た | トップページ | 弾道ミサイル »

ガソリン価格の上昇

 ウクライナ危機の影響で世界的にガソリン価格の上昇が続いています。
米エネルギー情報局(EIA)の発表によりますと、米国のガソリン小売価
格は3月14日時点で1ガロン(約3.8リットル)あたり4.32ドル(約
508円)となっています。
 4.32ドルはその時点で過去最高値です。
 欧州はさらに高く、3月7日時点のドイツのガソリン小売価格は1ガロンあ
たり8.23ドル(約970円)。
 香港ではさらに高く、1ガロン10.72ドル(約1260円)を記録しています。
 尚、資源エネルギー庁が本日発表した3月22日時点のレギュラーガソリン
の店頭価格(全国平均)は1リットルあたり174.6円と、前週比0.6円
値下りしました。
 11週ぶりの下落ですが、石油元売りに支給している補助金がなければ、実
勢価格は20008年8月につけた過去最高値(185.1円)を大きく上回
って197円に達していたとみられます。
 ちなみに、1リットルあたり174.6円は1ガロンあたり約664円となります。

|

« 春が来た | トップページ | 弾道ミサイル »

つぶやき」カテゴリの記事