« 世界人口デー | トップページ | この企業に勤める人と結婚したいランキング »

参院選

 安倍元総理があのような形で亡くなった直後に行われた参院選は
自民党の圧勝で終わりました。
 次の国政選挙は、参院選が2025年夏、衆院選が2025年秋の予定で、
衆院の解散がなければ今後3年間は大きな選挙がないため、岸田総理は選挙を
気にすることなく、高い支持率を背景に自身の政策を推し進めることが可能と
なります。いわゆる「黄金の三年間」を手にした格好です。
 政治が不安定な状況は海外投資家が嫌うところであり、今回の参院選でその
懸念は大きく後退し、海外投資家が長期安定政権が見込める日本に資金を振り
向けやすくなったのは確かです。
 尚、小泉氏も安倍氏も参院選の勝利の後、衆院の任期を待たずに解散に踏み
切り、衆院選で勝利して政権基盤を強化したという先例があり、情勢しだいで
は先例を踏襲する可能性もあります。
 「黄金の三年間」はあくまでも外から見た姿で、自民党内での主導権争いは
混とんとしています。
 党内の岸田派は44人で、安倍派94人、茂木派54人、麻生派49人に次
ぐ4番目の勢力でしかなく、政権の安定運営には他派閥との連携は不可欠です。
 領袖を失った安倍派は分裂含みとの見方もあり、二階派、谷垣グループ、森
山派、菅グループなどの動きも今後の政局に大きく影響する可能性があります。
 まずは、8月下旬ないしは9月初旬にも行わる内閣改造、党役員人事が注目
されます。
 

|

« 世界人口デー | トップページ | この企業に勤める人と結婚したいランキング »

つぶやき」カテゴリの記事