« 経済再開 | トップページ | 全国旅行支援 »

共同ビジョン

 スウェーデンの総選挙は、右派が現与党の中道左派を僅差で破り、かつ極右党が第二党となると云う、最近の欧米で見られがちな結果となりました。初の女性首相で、中立政策を転換してNATO入りを進めてきたアンデション首相も辞任するとのこと。どうしてこのようなことが最近よく起きるのでしょう?

 価値観の分断と云われますが、そうでしょうか?インターネット、ESGの概念、等の浸透で、多様な価値観が発見、認識され、認められるようになりました。それはとてもいいことです。しかしその後の、ビジョンを説明し、議論し、更に多様な価値観を超えて止揚的に共同ビジョンを持とうとする活動が、かつてより少ないのではないでしょうか?

 リーダーシップが足りないと表現すると、ちょっと乱暴な気がします。より正確には、リーダーシップの発揮を許すまいとするような、没交渉的なものを感じます。もしかしたらそれは、デジタル時代の負の面なのかも知れません。ですからもっと小さい身近の世界でも、同様のことは起き得ます。

 自分の周りだけは、ちゃんと議論し、止揚的共同ビジョンを持てるように、努めていきたいと思います。

 

|

« 経済再開 | トップページ | 全国旅行支援 »

つぶやき」カテゴリの記事