« インバウンドラリー | トップページ | 天才相場師本間宗久 »

スプラトゥーン3

 任天堂が昨日、9月9日に発売されたばかりのニンテンドースイッチ向けゲ
ーム「スプラトゥーン3」の国内販売本数が、11日までの3日間で345万
本を突破したと発表したことがきっかけとなっています。
 発売後3日間のセールでは、これまでは2020年発売の「あつまれ どう
ぶつの森」(あつ森)の268万本が最多でした。あつ森の驚異的な売れ行き
ペースは当時話題になりましたが、今回はその1.3倍近い速度で売れている
ことになります。
 尚、「スプラトゥーン3」の価格は、パッケージ版が6578円(税込)、
ダウンロード版が6500円(同)となっています。
 ちなみに、2017年7月に発売された前作「スプラトゥーン2」の、今年
3月までの世界累計販売は1330万本。※ダウンロード版含む、以下同。
 同じく今年3月までに、任天堂のスイッチ向けゲームタイトルで世界で最も
売れているのは2017年4月発売の「マリオカート8 デラックス」で、累
計販売数は4533万本に達します。
 次が2020年3月発売の「あつまれ どうぶつの森」で、世界累計販売数
は3864万本となっており、今回の「スプラトゥーン3」がどこまで販売を
伸ばすか注目されています。

|

« インバウンドラリー | トップページ | 天才相場師本間宗久 »

つぶやき」カテゴリの記事